"漫画" "面白い""ランキング"

漫画に飽きるまで

漫画について

このマンガがすごい!2021 の1〜5位予想

 

f:id:jojocomic2325:20201120123428j:image

 

 

去年に続いて、今年も予想していきます。

 

去年の予想

漫画賞系イベントにことさら興味ない奴がこのマンガがすごいを予想する - 漫画に飽きるまで

去年の結果

このマンガがすごい!2020 感想 - 漫画に飽きるまで

 

 

2020年(去年)の結果

オトコ編

1位 SPY×FAMILY

2位 ロボ・サピエンス前史

3位 僕の心のヤバイやつ

4位 チェンソーマン 

5位 水は海に向かって流れる

 

に対する自分の予想

1位 大ダーク(期間外)

2位 僕の心のヤバイやつ(3位)

3位 チェンソーマン(4位)

4位 スキップとローファー(7位)

5位 水は海に向かって流れる(的中)

 

意外と当てているんですよね。

僕の考えだと、大して新刊を追ってない人間の方が選択肢が狭まって、かえって当たりやすくなるんじゃないかと思います。

10位まででなく、5作しか選べないのも、他を知らないからですし。

 

去年の反省

・1位を期間外の大ダークにしてしまった

・やはり少年漫画は強い、という再認識

 

という訳で、今年の予想はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

このマンガがすごい!2021

オトコ編

1位 葬送のフリーレン

2位 満州アヘンスクワッド

3位 忍者と極道

4位 チェンソーマン

5位 ダンピアのおいしい冒険

 

 

葬送フリーレン

少年漫画ですし、設定が強いので1位に置きました。話題性も十分だと思います。

満州アヘンスクワッド

これも設定が強い。このマンガが『すごい!』の部分にピッタリ当てはまりそうです。

忍者と極道

どうなんでしょうねえ。結構流行ってる印象あるし。あとみんな忍者好きですよねきっと。

チェンソーマン

去年も入ってますが、今年面白かった漫画として外せないと思います。本誌知らないけど。

ダンピアのおいしい冒険

これは穴を狙ってます。このマンガがすごい!のセンスを信じて、入ってくれたら嬉しい作品です。呪術廻戦にしようか迷いました。

 

 

その他、ジャンプ作品

鬼滅の刃

入れてないです。もしかしたら普通に1位かもしれません。理想は8位くらいです。

呪術廻戦

迷ってダンピアのおいしい冒険にしました。アニメもあるので、入りそうです。

アンデットアンラック

未読です。まだランクインは早いような印象です。なんとなく。

 

 

その他、入りそうなもの

対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~

キミオアライブ

九龍ジェネリックロマンス

Thisコミュニケーション

怪獣8号

(以下未読の予想)

メダリスト

コーヒームーン

 

 

とまあこんな感じです。

お気づきでしょうか。大ダークを入れてません。なんか1年経って、入らない気がしてきました。

 

また結果が出たら更新します。

 

 

 

 

 

ちなみに、僕が順位決めて良い権利を得たら

1位 ワンコそばにいる

2位 血と灰の女王

3位 アンダーニンジャ 

4位 優しくしたい。

5位 サイクリーマン

 

にします。まあ別に、何が選ばれても漫画業界全体が賑わうイベントに変わりはないので、緩く楽しみたいと思います。

 

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」各キャラ理想のシナリオ

 

こんにちは。

 

f:id:jojocomic2325:20201117213120j:image

 

今回は、謎に何度も読み返してしまう中毒性の高い漫画

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

について、考察というか、今後キャラクターこうなって欲しいなという思いを書いていきます。

 

うーん大学編ってちょっと想像つかないので、それ終わって、社会人2年目くらいの時期の関係で、考えてみます。

 

 

1. 黒木智子(主人公)

f:id:jojocomic2325:20201117213924j:image

 

普通に上手いこと社会人やってそうです。社畜レベル高そうですし、変に自分に期待してないので、地道に働いていきそう。

 

 

 

2.田村ゆり

f:id:jojocomic2325:20201117214414j:image

 

未来の関係:疎遠

何となくですが、この二人はお互いに別の友達を作って、疎遠になって欲しいかな。もともと人間関係がコンパクトな方だと思いますし。

ただ数年後に、全く変わらない姿で再会してそう。でも卒業後に連絡取りあう感じにはならないんじゃないかな。

 

 

 

3. 吉田茉咲

f:id:jojocomic2325:20201117215059j:image

 

未来の関係:知り合い

こっちも連絡は取らなそうですね。ただ田村ゆりと違って、なんか「コンビニ行ったらばったり遭遇」のイメージが強いんですね。

そこで普通に挨拶して、黒木は気を遣ってるのに、「そうか。じゃあな」って普段以上の、ただの挨拶返して解散しそう。

 

 

 

4. 内笑美莉 (絵文字)

f:id:jojocomic2325:20201117215758j:image

 

未来の関係:疎遠

これは完全に連絡取らなそう。理想は高校生生活で黒木にもはっきり残るような、強烈な接触をしてもらい、お互いにトラウマになって、記憶の底にしまっておく関係が良いですね。

大学編あるとして、どういう絡め方をしてくるのか分からないなあ。少し扱い難しいような。

 

 

 

5. 成瀬優

f:id:jojocomic2325:20201117220305j:image

 

未来の関係:友達

ここは一生続く関係っぽいですね。高校が別になっても、グループ変わっても続いてるので。成瀬さん結婚して子供産まれて、その子供と黒木でも面白いやりとりできそうなので、ちょっと見たいな。

 

 

 

6. 加藤明日香

f:id:jojocomic2325:20201117220728j:image

 

未来の関係:疎遠

なんか結婚式とかで同席しても話かけずに、遠目で見て終わりそう。もともと住む世界が違う感じあるので。加藤さんから遊びに誘うことはあっても、黒木の方からは想像つかないな。

 

 

 

7. 根元陽菜

f:id:jojocomic2325:20201117221033j:image

 

未来の関係:結婚相手

はい…。え? いやいや作中で同性婚? あるわけないじゃないですか。ツナミノユウさんじゃないんですから。ただまあ今の位置的に、結婚するとしたら、そこまでの展開が一番面白く描けそうなの、個人的にネモだと思ってます。

なんかこの二人の距離感、丁度良いんですよね。普通にないと思いますが、そういう展開きたら面白いなと思って読んでます(…みなさんもそうですよね?)。

 

 

 

終わりです。

この作品の、学生時代に陰キャだった人が全員シンパシーを感じてしまう仕組み、すごく大好きですし、なんか作者についていきたくなってしまいます。

 

【オススメ】連載中「恋愛」漫画11選【男性向け】

 

こんにちは。

恋愛漫画まあまあ読むジャンルで、特に進展があるタイプのものが好きなので、そういうのを中心にまとめてみました。

あと恋愛漫画で調べると少女漫画が中心の記事が多くあった気がしたので、そこと区別できるよう男性向けと入れました。埋もれるのが怖くて…。特に何の基準もありません。

 

今回は珍しく順位とかつけてないです。

「2巻以上出ている」のを縛りとしています。

 

それでは

 

 

1. 乙嫁語り 既刊12巻

乙嫁語り 1巻 (HARTA COMIX)

乙嫁語り 1巻 (HARTA COMIX)

 

明るさ:★★★

重さ:★

お色気:★★

美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……?

f:id:jojocomic2325:20201101100531j:image

結婚をテーマに、その地域や民族の文化を描いた歴史コメディ。著者の森薫さんはページの描き込み量が鬼で、絢爛華麗な服飾品や、女性の美しさを作画で全面に押し出してくるのが特徴的です。

年下の夫が頼り甲斐のある存在になろうと奮闘したり、おてんば娘が嫁入り修行をしたりします。それなりに歴史要素もあるので、完全な恋愛漫画かと言われると、ちょっと微妙かもしれません。

 

 

 

2. 青の花 森の器 既刊5巻

青の花 器の森(1) (フラワーコミックスα)
 

明るさ:★★

重さ:★★★

お色気:なし

波佐見焼きの窯で絵付けの仕事をしている青子。その窯に、海外で作陶していたという龍生がやってきた。無愛想で人を寄せ付けない龍生に「絵付けされた器に興味ない」と言われ、自分の生き方まで否定された気持ちの青子だが、反発しながらも龍生の器に惹かれていき…?

f:id:jojocomic2325:20201101100547j:image

釜を使った“焼き物”を作る職場で、すれ違いながらも仲良くなる社会人コメディです。主要人物2人がクリエイターとして、それぞれこだわりを持っていて、相手の作品から人柄を見ていく展開が面白いです。

主人公が30代でそこそこ良い年齢かつ、仕事場というバランスの取りづらい環境の中で、マイペースに進展していきます。暗い話も描く作者さんなので、勝手にハラハラしながら読んでいます。

 

 

 

3. 私の少年 既刊8巻

明るさ:★

重さ:★★★

お色気:なし

スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は、夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。それぞれが抱える孤独に触れた二人は、互いを必要なものと感じていく…。

f:id:jojocomic2325:20201101100557j:image

公園での一人の少年との出会いが人生を変えていく、OLと小学生の少し重い恋愛作品です。片方が小学生なので、ベタベタな恋愛漫画とは違って、そういった展開になるまで結構かかります。ただ構成が上手いので、多くの読者が意図せずに応援側に回ってしまう気もします。

相手をものにするというよりかは、人間性を第一に見ていて、純粋に心配したり、幸せを願ったりする素敵な作品です。まだ連載中なので分かりませんが、仮にバッドエンドが来たとしたら、私の心が耐えられないと思います。

 

 

 

4. 僕の心のヤバイやつ 既刊3巻

明るさ:★★★★

重さ:★

お色気:★★★

学園カースト頂点の美少女・山田杏奈の殺害を妄想してはほくそ笑む、重度の中二病陰キャ・市川京太郎。だが山田を観察する内に、京太郎が思う「底辺を見下す陽キャ」とは全然違うことに徐々に気づいていき…!?

f:id:jojocomic2325:20201101100607j:image

陰キャとそれのたじろぐ姿を面白がるクラスのアイドルの、理想的な永久機関が完成した鉄壁ラブコメディ。さて来ました。冴えない僕らに大きすぎる夢を見せてくれる作品です。

クラスのアイドルが構ってくれる訳ないですし、そもそもアイドルが居るかも怪しいですが、もし仮に。居たとして。構ってくれたとしたら。なんて素敵な学園ライフでしょうか。緩急の効いたその“距離感”に参ってしまう、ヤバイやつです。

 

 

 

5. アスペル・カノジョ 既刊8巻

明るさ:★★

重さ:★★★★

お色気:★

新聞配達で生計を立てている売れない同人作家・横井の家へ、鳥取から突然やってきたのは「ファンだ」という少女・斉藤さん。彼女は見ているもの・感じている事・考えやこだわりが、他の人と違っていて……。

f:id:jojocomic2325:20201101100620j:image

とある同人作家と、その家を訪ねて来たアスペルガー症候群を持つ女の、奇妙な同棲生活を描いた作品です。恋愛漫画というよりかはいろいろな捉え方ができる内容で、単に病気を描いたジャンルにも思えますが、コメディとしてもちゃんと面白いので載せました。

最小限の登場人物で8巻まで面白く描けていて、普通に漫画として凄いと思います。相手の地雷をいち早く見抜いて、パニックを起こすのを防いだりする主人公の面倒見の良さ。急に攻撃的になる斉藤さんの暴走具合が、病気とか抜きにして笑えます。

 

 

 

6. スーパーベイビー 既刊2巻

スーパーベイビー 1巻 (ラバココミックス)
 

明るさ:★★

重さ:★★★★★

お色気:★

ピュア系黒ギャル×原石系地味メン、違和感だらけの二人の恋の行方は!? 「あたし らくぴにマジなの ちょー好きだよ…」トーキョーのすみっこ、町田で暮らす上京ギャル・玉緒はスーパーで働く一見冴えない男子・山田にベタ惚れだった!

f:id:jojocomic2325:20201101100631j:image

地味メンにグイグイいくギャルの、猛烈アタック恋愛コメディ。1巻では地味メンがギャルに対して怯えたり、どぎまぎするだけの作品で、あまりハマれませんでした。ギャルのテンションも正直そんなに合いませんでしたし。

しかし、この作品の真価は2巻にありました。ただ猛烈にアタックを繰り返す彼女でしたが、実は過去に根深い問題があり、1巻の愛の重さに納得いくだけの理由が存在します。その描写からキャラクターに対する私の認識がガラリと変わり、涙が止まらなくなりました。

 

 

 

6. ワンナイト・モーニング 既刊3巻

明るさ:★★

重さ:★★★

お色気:★★★★★

おにぎり、肉まん、ハニートースト…ワンナイト過ごした女の子と一緒に食べる朝ごはんはシンプル、でも特別。ちょっぴり切ないラブストーリーと共に美味しい朝ごはんを召し上がれ。グルメラブストーリー短編集!

f:id:jojocomic2325:20201101100656j:image

「女の子と一緒の朝ご飯」をテーマにした、偶然の出会い、再会をテーマにしたラブロマンス。短編集を読んだ時点でかなり面白いと思っていましたが、まさかの長期連載化で続編の2〜3巻が刊行されている、今ノリに乗っている作品です。

これぞ恋愛漫画、といった、ガンガン進展していく話もあれば、マイペースに進んでいく話もあり、先の読めない展開で読者を翻弄していきます。性描写がかなり強いのと、私が神格化している日暮キノコさんに並ぶほど『可愛いキャラ』が上手く、最高という言葉しか出ない。

 

 

 

7. 金曜日はアトリエで 既刊2巻

金曜日はアトリエで 1 (HARTA COMIX)

金曜日はアトリエで 1 (HARTA COMIX)

 

明るさ:★★★

重さ:★

お色気:★★

日々の生活に疲れきった環(たまき)は、ある日有名画家・石原春水に声をかけられモデルをさせられることに。ただそのモデルとはヌードモデルであった。
しかし環のあまりの受け入れ様に誘った石原はなぜか恋に落ち――!?

f:id:jojocomic2325:20201101100705j:image

とあるキッカケで、変人カリスマ画家のヌードモデルをする事になった、天然OLのギャグコメディ。作風に対して、ギャグの浸透度が神がかり的に丁度良い作品です。両者ちょっと抜けてる性格で、真面目に会話していてもギャグになってしまいます。

互いに相手のセリフに触発されたり、ハッとさせられているのに、それを言ってる方が気づいていない。また絶妙に自分の意見を譲らない、上下のない関係も見ていて面白いです。恋愛要素は、今のところはそこまで大きくない気はします。

 

 

 

8. 君は放課後インソムニア 既刊4巻

明るさ:★★

重さ:★★★★

お色気:★

青春漫画の旗手が贈る思春期の眠れない夜。

不眠で悩む男子高校生・ガンタは同じ悩みを抱えるイサキと出合い、放課後に学校の今は物置になっている天文台で、つかのまの眠りと、秘密を共有するという不思議な関係が始まる……

f:id:jojocomic2325:20201101100712j:image

不眠症』という共通の悩みを抱える男女が、校内に隠れ部屋を見つける、青春コメディ。テンポの妙と言いますか、漫画での一瞬の表情の切り取りを大切にしている作者さんだと思いました。セリフの密度を極限まで下げて、絵の描き込み量で勝負しています。

コマを贅沢に使った漫画は満足度が高くて大好きです。内容は気の抜けたコメディに思いきや、意外にも"不眠症=精神的な問題"の部分をしっかりと取り上げていて、読み進めていくと印象が変わってくると思います。恋愛要素は軸ではあるものの、前面に出してくるタイプではないかも。

 

 

 

9. 愛しの国玉 既刊1巻

明るさ:★★★

重さ:★★

お色気:なし

“かわいくて切なくて幸せ”猫と新婚ラブラブ生活!

「ずっとずっと会いたかったです!」
そう言って大学生・真の胸に飛び込んできた猫(?)の国玉。
しかし、国玉が探していた“運命の相手”は真の兄で、しかも既婚者だと判明。
悲しみで涙いっぱいの国玉に、真は思わず「オレじゃダメ?」と求婚してしまった――!?

「真実の愛で、ボクを本当の人間にしてください」

f:id:jojocomic2325:20201101100722j:image

大学生が“人間になりかけの猫”と結婚するコメディです。この倫理的に思いっきり間違えてる感じは、前作の地球外生命体と愛を育むオゲハと似ています。個人的に作画がめちゃくちゃ上手いと思いますし、LOVEでなくcuteの方の可愛さの破壊力は絶大です。

新婚生活も相手が猫なので、子育て的な要素も入っていて、お互いにどっぷり依存する関係が出来上がってしまっています。真実の愛を見つけると人間に戻れるらしいのですが、戻す意義を感じられない。あと、二人とも性別がオスな気がします。

 

 

 

10. ゆびさきと恋々 既刊3巻

明るさ:★★

重さ:★★★

お色気:なし

女子大生の雪は、ある日困っているところを同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障がいがあって耳が聴こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣。自分に新しい世界を感じさせてくれる逸臣のことを雪は次第に意識し始めて…!?

f:id:jojocomic2325:20201101100727j:image

大学生を舞台にした、手話が使える女の子の恋愛ストーリー。王道な恋愛が読みたい人には、取り敢えずは薦めたい作品です。典型的なイケメン出てきますし、身勝手でもどこか優しいし、グイグイ引っ張ってくれる。著者は結構展開に幅があるので、私は出来すぎた性格を疑ってます。

本作は過去作品と比べると展開がかなりスローなのですが、その分、感じとる世界が毎日変わっていくような、繊細な演出で引き込んできます。胸キュン(もう死語でしょうか…?)を私はあまり読まないので、逸臣のイケメン具合にも胸が押し潰されそうになってしまいます。

 

 

 

11. 九龍ジェネリックロマンス 既刊2巻

明るさ:★

重さ:★★★

お色気:★★★★

此処は東洋の魔窟、九龍城砦。ノスタルジー溢れる人々が暮らし、街並みに過去・現在・未来が交差するディストピア。はたらく30代の男女の非日常で贈る日常と密かな想いと関係性をあざやかに描き出す理想的なラヴロマンスを貴方に――。

f:id:jojocomic2325:20201101100734j:image

九龍城砦を舞台にした、不動産会社の上司と部下の恋愛ドラマ。「恋は雨上がりのように」の眉月じゅんさんの新作です。前作と比べてミステリー色が強く、緩いコメディの合間に出現する"過去の記憶"の暗さに引き込まれてしまいます。

個人的に著者の漫画大好きで、吹き出しと文字だけのコマで間を置かせたり、一変して表情の圧で攻めてきたり、1ページの中の漫画の流れが楽しい作家さんです。また、本作は鯨井さんと工藤さんの『美男と美女の対比』の構図がたまらなく美しいので、その辺に悶えています。

 

 

 

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

【かかった日数】

2020年9月3日〜11月1日

60日間。失敗しました。今回、少し書き方を変えてみたのですが、全然楽しくなくて、なかなか進みませんでした。

本来なら1〜2週間で終わると思いますし、予定はこの倍の作品を書くつもりでした。次回に活かします。

 

 

ワンパンマン 展開予想【◯◯ヒーロー協会編】とキャラ強さ比較

 

こんにちは。

まず、村田雄介さん作画のワンパンマンを追っている方は、ここで見るのをやめてください。ネタバレになってしまいます。

 

今回は下記のウェブサイトで無料掲載されている、ONE先生作画の方のワンパンマンを話していきます。

ワンパンマン

2020年9月3日 更新

最新129話までの内容に触れますので、未読の方も見ないでください。

 

どうでも良いのですが、ONE先生作画の方、原作と呼ぶべきワンパンマンはコミックスにならないのでしょうか。高画質で読みたいし、20冊くらいならお金出します。

アニメ化も村田雄介さん版の方で、謎にそちらにネタバレの配慮しなければなりません(コミックス出ないのに)。そちらのネームもONEさんが手を加えているのは存じ上げていますが、個人的にONEさんの作画が大好きです。

 

ただ、私も村田雄介さんの作画から入ったクチなので、「そっちで読み続けたい」って人の意見も分からなくはないのですが。

電子でもいいので、両方コミックス出すのがベストだと思います。サイトがそれなりに繋がりづらいし。余談でした。未読の方、帰ったでしょうか。喋ります。

 

今回は「展開予想」というよりは、

内容を整理するのが中心となると思います。

 

 

新章 ネオヒーロー協会編とは

106撃目にてヒーロー協会を脅かす新組織として登場し、110撃目でS級ヒーローの移籍が判明、123撃目で本格的にストーリーに介入してきた、「ネオヒーロー協会」を中心とした内容です。

125撃目にて姿を現した組織のトップが意外な重要人物だったため、しばらくはこの話が続くと思われます。

 

 

ネオヒーロー協会の特徴

ガロウ戦をキッカケとした連携が取れずに敗北するプロヒーロー達や、一部のヒーロー(タツマキ)による過剰破壊行為などにより、失ったプローヒーローの信用を取り戻すべき設立された新組織。

設立4年のヒーロー協会のノウハウを流用した怪人対策用のシステムや、所属するヒーローの待遇も優れている他、ヒーロー協会内部の人材もヘッドハンティング済み。会員600人の旧組織に対して候補は既に2,000人超え。

 

新組織というよりは、大改革を行ったヒーロー協会の移籍先という印象です。

読み進めていくと分りますが、ちゃんと無線で連絡が取れていたり、下っ端の会員に強力なパワースーツを支給するなどして、「死なないヒーロー活動」に重点を置いています。

 

 

移籍が確定しているS級ヒーロー

S級5位:童帝

f:id:jojocomic2325:20200910041144j:image

 

ヒーロー協会へ不満を抱いていた第一人者。

以前より内部から組織を監視し、不祥事を暴いたりしていたが、表沙汰にすることのない協会の処置や、自らの警告を再三無視する対応に見切りをつけて退会する。今後は組織改革よりも、ヒーロー活動に重点をおく発言をしている。

 

S級11位:超合金クロビカリ

f:id:jojocomic2325:20200910042327j:image

 

事実上のプロヒーロー引退。ガロウ戦にて自身のプライドを打ち砕かれ、トレーナーへ転職する。しかし、その実力は未だに計り知れない。

 

S級16位:金属バット

f:id:jojocomic2325:20200910042716j:image

 

S級の影の実力者。基本的にはヒーロー活動よりも妹の学内行事などを優先するため、本作での戦闘描写は少なめ。活動中のネコの世話などが移籍の決め手となった。

 

その他、組織の新キャラは『123〜124撃目』で一気に出てきます。

どのキャラクターも災害レベル“虎”程度ならば意にも介さない、曲者揃いです。

ワンパンマン

 

 

 

展開予想

まあ誰もが思いつきそうですが、ネオヒーロー協会は『噛ませ』だと思っています。

本作は言ってしまえばサイタマ以外の全てがこれに該当するわけですが、『噛ませ』への設定の作り込みが面白く、キャラクターを表現する手段として存分に活用されているのが、ONE作品の最大の魅力に感じます。

 

(そう、キャラクターがごちゃごちゃし出してからが、最高に面白い)

 

よって、

ネオヒーロー協会

→壊滅、もしくはヒーロー協会へ吸収

移籍したS級

→戻る

ブラストの息子

→A級、もしくはS級として活動

 

これらが、良い落とし所ではないでしょうか。

ただ、これらはひとつの要素に過ぎず、いずれは巨大な敵へ展開が収束していくはずです。レベル竜5体同時出現の件もありますし、新たな黒幕の存在を感じます。

 

 

黒幕予想

S級6位:メタルナイト

最近、姿を現した得体の知れない博士です。童帝も不信感を抱いていますが、ちょっと間抜けなキャラクターですので、これは味方として描いた方が面白くなりそうな気がします。

 

ジェノスとの因縁「狂サイボーグ」

本命です。もう誰もジェノスの目的は覚えてない気もしますし、そろそろ出しても良い頃だと思います。サイタマの強さを知るジェノスでも「勝てるかもしれない」といった、微妙な判断を下しています。

あと同時出現したレベル竜5体のうち、鬼神ミラーは強力なサイボーグで、何故かヒーローのデータを測っていました。他にもネオヒーロー協会からサイボーグキャラが出てきていますし、流れができている気がします。

 

 

豚神が言ってた『予言の時』

f:id:jojocomic2325:20200910050956j:image

 

これは怪人協会編で豚神がボソボソ喋っていたセリフです。エビル天然水を前にして「違うかも」と言っていますし、ガロウでも回収された様子はないので、災害レベル神への伏線でしょうか。割と最近の発言なので、もっと先の展開で判明するかも知れません。

 

 

 

キャラクター強さランキング

これずっとやりたかったんですよね。

ネオヒーロー協会編で更に動きがありましたし、いろいろと推測が捗りそうです。

 

まず、最近登場した『レベル竜』5体の強さを予想しました。

1位 シュウゴウタイ

タツマキでも瞬殺できない

2位 鬼神ミラー

サイタマに倒されたが、まだまだ余力を残していた様子があった。

3位 闇の大家族

ジェノス瀕死(よくある)

4位 ウナギドラゴン

大きいだけか。タツマキとサイタマが通りすがりに倒したケンザンネズミと同列かと思います。

5位 ヘビースモーカー

タンクトップでもそこそこ戦えた。ただし、倒せたとしても毒ガスを完全に回避するのは至難

 

こんな感じの予想です。

やはり作品を紐解くには『レベル竜』との対戦を見るのが必須で、今回も単体でどれだけ討伐できるかを視点に据えます。ちなみに、一番強いレベル竜はガロウを抜くと、隕石だと予想します。

 

【単体でレベル竜を討伐可能】

タツマキ

2〜3体までなら、問題なく同時に対応できる気がします。サイタマを抜くと、間違いなく現状の最強キャラですね。

シルバーファング

1〜2体までなら、同時の戦闘も問題なさそうです。本気を出した場面が一回しかないため、判断材料が少ない。しかし、隕石は完全に諦めていたので、上限はありそう。

閃光のフラッシュ

忍びの里編で力をつけて、ヘビースモーカーを一蹴しました。ガロウ戦では歯が立ちませんでしたが、他のレベル竜との戦闘は未知数です。ただ、基本的に斬撃よりも、『打撃』や『熱』が強い作品に思えますので、一番の強さではないと思います。

アマイマスク

怪人化での強さが圧倒的でした。嫌なピエロはかなりの強敵に思えたので、相手が不細工でなければ、(変身解除後でも影響があるか不明ですが)レベル竜1体の単独撃破は堅いと思います。

ジェノス

何だかんだ強くなっている人物です。戦闘描写はありませんでしたが、闇の大家族で黒星をあげています。今後も改造の余地があるため、安定してレベル竜を相手にできる日は…まだ遠いかも知れない。

 

 

【単独討伐の見込みあり】

アトミック侍

黒い精子との相性が悪すぎて、今のところロクな見せ場がありません。超合金クロビカリからも恐れられているので、実力は確かなようです。

超合金クロビカリ

まだレベル竜と戦ってはいません。初戦がガロウというのが勿体なさすぎる。メンタル次第では、怪人化アマイマスクと同等の力を発揮できそうです。

メタルナイト

隕石には勝てませんでしたが、他のレベル竜であれば可能性はあるかも知れません。

金属バット

村田雄介さんの方を読んでいないので戦闘描写が分かりませんが、レベル竜のケンザンネズミに物怖じせずに向かっていっていたので、可能性はあると思います。

童帝

村田雄介さんの方を読んでいないので、よく分かりません…。

キング

単独での討伐はもちろん無理ですが、怪人協会編でも発揮した通り、相手の警戒心を全部持っていくので、自滅させたり、隙を作ったりすることに特化しています。

誰かと組ませると、とても強い。鬼神ミラーにも偽りのデータがいっている安心感。

 

【ダメそう】

ゾンビマン

怪人協会編では相手が良すぎました。攻撃特化の、防御力ゼロの敵に対してのみ有効なキャラクターです。近々また改造する描写があったので、活躍に期待。

豚神

レベル竜のハグキにフィジカルで負けているため、こちらも攻略できる幅は少なそうです。切り札は残している描写はあります。

タンクトップマスター

今のところ見せ場なし。ヘビースモーカー戦でも、危険な「タンクトップ深呼吸」で一般人を守ろうとしたので、弱いだけで良い人のようです。

 

 

以上が、私の予想です。

現状で戦えるS級はだいぶ限られているので、アトミック侍や、ゾンビマンの活躍に期待したいところです。

 

ありがとうございました。

 

【かかった日数】

2020年9月10日(木) 2時半〜6時

3時間半くらい。寝たかったのですが、書き始めると興奮で止まらなくなりました。もちろん会社は休みです。

 

月間100冊超えの漫画読みについての考察

 

こんにちは。

何となく感じてる方もいらっしゃるかも知れませんが、私は漫画好きたちが読んだ冊数等を数字で比較するのが好きで、人の月の漫画の消費量を見ては一喜一憂をしています。

 

昨今のコロナ自粛で様々な漫画好きのトーク配信を見て、特にヤバイ。と思った層に関して、今回は勝手ながら考察と感想を喋ってみます。

なんというか、この凄さは漫画を読まない人には伝わらないだろうし、ちょっとかじってる僕でもギリギリに理解できたレベルなので、残しておいた方がいいと思いました。

 

まず、何を基準にこんなに騒いでるかと言いますとやはり1ヶ月間に読む冊数です。

皆さんは月にどのくらいの漫画を読まれる(“買う”ではないです)でしょうか。20冊という方も居れば、40冊、60冊という方も居ると思います。

私が今回語るのは、月に100冊超えのスタンスの漫画読みの方たちです。何故そんなに漫画を読めるのか、凡人目線で、普通の人々との違いを私なりに分析してみました。

 

 

【注意】

私は冊数の比較や、そこから見える“漫画を読む才能の大きさ”について考えるのは好きですが、決して立場の上下を作りたい訳ではありません。週に一回 釣りに行く人も、月に一回 釣りに行く人も、知らない人から見たら同じグループですし、そこに優劣はありません。

ただ「毎日 会社帰りに釣りに行く人」が居たらどうでしょうか。ちょっと興味出ませんか?そんなイメージです。

 

もう少し踏み込んだ話をしますと、

“趣味”は「太らない食事」だと思っています。時間とお金、そして体力を使って快楽を得る。極端な言い方になりますが。ただ、私が食事に近いと思うのは満腹のラインが個人で決まっていることです。

少量でお腹いっぱいになる人と、その横で自分のお金でモリモリ食う人、比べたとて、そこに優劣のつけようがありません。「(お腹いっぱいだけど) 俺ももっと食ってやる!」ってならないと思います。

 

f:id:jojocomic2325:20200828095703j:image

ちょっと方向違いますが、ブルーピリオドでも芸術は「食べれない食べ物」って言い方をしていて、面白かったです。

気になる方は2巻をお買い求めください。

 

 

では本題に戻りまして。

まずは私の読みスタンスと、ヤバイ層(主観)の数字的な違いを見ていきます。

私の平均的な読み方ですが

・月→ 50〜70冊

・平日→ 1冊 / 休日→ 2〜4冊

・積み本→ 基本0冊。最大 十数冊

みたいな感じです。月単位は120冊くらいが歴代最高だと思います。積み本は電子書籍を利用し始めてほぼ消えました。

 

対して、私がヤバイと思った層が

・月→ 120〜170冊

・積み本→ 多い

という感じです。月に150冊と仮定しても、一日平均5冊。驚異的です。

私もそこそこ漫画を読むのに、なぜ開きが出るのか、体力、金銭面、生活環境を抜きにして、私が感じた『考え方の違い』がありました。

 

漫画へ興味を持ちに行っている

 

これに尽きます。もっと言うとその原因はハズレのハードルが高い(ハズレ認定をなかなかしない)点にあります。

私は漫画作品に関しては好みが強く、つまらないと感じた作品は買わないし読みません。それを読む暇があったら、もっと別の作品に体力を使いたいからです。

 

しかし、ヤバイ層(主観)の方々は、何かしら興味を見つけて、どんな漫画も“取り敢えず読む”という選択を取ります。

自分に合う、合わないの判定をする前に、興味を持つ努力をする、そして、その判定が終わる頃には1冊読み終わっているのではないかと私は推測しています。

 

一見体力の凄さに思えますが、私も含めて全ての漫画好きに『読むスイッチ』があり、それが入ると、時間を忘れて最終巻まで駆け抜けてしまうといった底知れない原動力を自覚した経験を持っているはずです。

その簡易版が備わっていて、ある程度は自分の意思でスイッチを入れられる、というだけの話だと思います。

 

私が「自分が興味がある漫画をひたすら探す」タイプだとすれば、「漫画へ自ら興味を持ちにいっている」タイプです。

どちらが良いとかありませんが、私が面白い漫画をたくさん読みたい、と思ってハズレを避けて失速(漫画への期待感が下がり、少し疲れる)をしている間に、1冊の漫画へ“入り込む”努力をする。二通りの楽しみ方があることが分かりました。

 

では何故そう思ったのかと言いますと、(まあ直接そう仰っていた、というのもありますが)、漫画を語る際に設定に関してめちゃくちゃ楽しそうに喋る点です。

設定って、いわば漫画じゃなくても、映画や小説でやっても同じな部分ですよね。私はそこ興味なくて、漫画的な表現・演出の強さで判断する人間なので、設定の時点で『面白そう』って感情が起こるのはすごく得だと思いました。

 

変に疑ってないというか。

 

 

 

f:id:jojocomic2325:20200828124551j:image

 

あと、積み本=漫画を買うハードルの低さ、という説もありますので、何か裏付けになるかも知れません。

いや、これは別にならないかも知れません。

 

まあ冒頭にも書きましたが、満腹のラインは人それぞれなので、どんな読み方でも漫画には歓迎されると思います。しかし、「より多くの作品に出会う」という視点で考えた場合、ヤバイ層(主観)の方々の才能は本当に素晴らしい。

あと、自分より漫画に時間とお金を使っている人が多く存在する、と聞いたときに、なんだかワクワクしませんか?なんとなくですが。いろんな面から見て、大事にされる存在だと勝手に思っています。『僕に』とかじゃなくて、『漫画に』。

 

 

いろいろ書きましたが、私個人の感想としては「マジでついていけねえ」「◯◯◯がおかしい」というのが、率直な印象です。スイマセン。

ありがとうございました。

 

 

かかった日数

7月28日(金) 9:00〜14:00  5時間

普段の感想記事と違い、文章全体の構成が求められるため、特に後半がつらかった。中盤の主張で満足してしまうため、オチをつけるのが難しい。今回はテキトーに投げた。

 

【完結済】最終回が好きな漫画ベスト20

 

こんにちは。

個人的に漫画の最終回を評価するの大好きなので、まとめてみました。

 

評価基準(勝手に五段階)

・納得

納得できる最終回かどうか。伏線などが未回収のままになっていないか。

・意外性

最後のページまで展開を動かす、「作品の切り取り方」のセンス。

・演出

余韻に浸れる心地良い雰囲気があるか。

 

 

総合

【完結済み】漫画オタクが選ぶオススメ漫画ランキング82選【マイナー向け】 - 漫画に飽きるまで

今回は14/20作品が、ここから持ってきてます(最終回用に書きかえましたが)。ご興味あればぜひ見てみてください。

 

 

では20位から。

(できる限りネタバレ控えるようにします)

 

 

 

20位 ビリーバーズ 全2巻

ビリーバーズ 1

ビリーバーズ 1

 

仲間たちと共に「孤島のプログラム」と呼ばれる無人島での共同生活を送っている、「ニコニコ人生センター」という宗教団体に所属する「オペレーター」。満ち足りていた生活は、やがて追い詰められていき、移住してくる「みんな」と混乱の道へ…。様々な人間模様が交差する、世紀末輪舞!! 

f:id:jojocomic2325:20200810154427j:image
無人島で三人だけで活動する宗教団体の、エロティック・ミステリー

山本直樹さんは性描写が強いイメージがあり、「エロを描くシチュエーションにしては少し凝り過ぎてるなあ」と思って読み進めていたら、エロだけでは済まなかった作品です。三人だけの無人島生活を続けてるうちに、次第に「本部」と連絡が取れなくてなっていき孤立していく団員たちですが、まあまあ深刻な部分まで話が進んでいきます。

最終回はかなり解釈が難しく(私の頭が弱いだけかもしれませんが)、今でも分かったような分からないような状態です。しかし、他にない斬新なオチに感じました。

納得:★

意外性:★★★★★

演出:★★

 

 

 

19位 ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 全17巻

恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は弁護士と恋人、ロメオにハメられ、15年の刑務所暮らしが確定してしまう!!しかし父親、空条承太郎から託された不思議なペンダントを手にした徐倫に変化が!?

f:id:jojocomic2325:20200814023809j:image
監獄を舞台に繰り広げられる、私怨と欲望と信仰の、スタンド能力バトル

ジョジョシリーズの第6部にあたります。全体を通して好きなのは第5部になりますが、ラストで評価すると空条徐倫の物語が一番好きです。私のジョジョのイメージとして、「ボスまでの過程は面白く、ボス戦はテンポがめちゃくちゃ落ちる」がありますが、全く逆をいくのが本作です。過程がグダリ過ぎて、“仲間”の繋がりすら薄く感じてしまった。

最終回というか最終巻は、全てのスタンドの能力が噛み合い、突破口を作り出します。何度読み返しても、“全員でボスに立ち向かう”展開の熱さは6部ならではだと思います。

納得:★

意外性:★★★★

演出:★★★

 

 

 

18位 ひゃくえむ。 全5巻

俺はトガシ。生まれつき足が速かった。だから、100m走は全国1位だった。「友達」も「居場所」も、“それ”で手に入れた。しかし小6の秋、初めて敗北の恐怖を知った。そして同時に味わった。本気の高揚と昂奮を──。

100mの全力疾走。時間にすれば十数秒。だがそこには、人生全てを懸けるだけの“熱”があった。

f:id:jojocomic2325:20200810182610j:image
誰よりも「走ること」に囚われた少年の、アスリート人生譚

2019年6月に1巻が発売し、その後5ヶ月連続で単行本が5冊刊行され、まさに駆け抜けるようにラストまで持っていった作品です。小学生編からスタートし、段階を経て大人になるまでの成長を描き、ひとりの人間の100M走との関わり方を描いています。

最終回もとても面白かったのですが、特に最後のページの「物語の切り取り方」がかっこよくて、好きでした。

納得:★★★

意外性:★★

演出:★★★★

 

 

 

17位 電夢時空 全2巻(その2冊目)

電夢時空(1) (アフタヌーンコミックス)

電夢時空(1) (アフタヌーンコミックス)

 

超現実体感ゲーム『ランナー』。その試作品のモニターとなった少年が目にしたゲームの中の惨劇!! 銃声と爆音の中で、次々に倒れていく人間たち……。――果たしてどこまでが「ゲーム」で、どこからが「現実」なのか?

f:id:jojocomic2325:20200810160226j:image

超最先端ゲーム機のモニターに選ばれた主人公が目の当たりにする、不可解なアクション・ミステリー

高山和雅さん少しマイナーですが、「レベルE」や「世にも奇妙な物語」が好きな人は読んで損がないジャンルに思えます。話の構成が恐ろしく上手く、画力も高く、1冊としての満足度がとても高かった。1巻と2巻で主人公変わりますが、どちらも面白いです(今回は2冊目を評価)。

次々と真相が露わになる中、「そこで切るのか」といった意外性と、後を引く演出が良かった。

納得:★★

意外性:★★★

演出:★★★★

 

 

 

16位 SWWEEET 全2巻

SWWEEET 1 (IKKI COMIX)

SWWEEET 1 (IKKI COMIX)

  • 作者:青山 景
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: コミック
 

幼なじみ・さくらに恋心を抱くススム。鏡の中からススムの前にだけ現れる双子の弟・ツトム。今でも失踪したツトムを想い続けるさくら。そんな3人の、淡くて痛くて切ない青春模様の行く末は…? 

f:id:jojocomic2325:20200810182956j:image
弟は行方不明、幼馴染はいじめにあっている現実を直視できない中学生の、ミステリー・ラブ

序盤から“性交を強制される”など度を超えたいじめの描写があり、そこそこ人を選ぶ作品に思えます。主人公が現実逃避として妄想へ逃げ込む場面が多々あり、過去と現実の線引きが次第に曖昧になっていく。ギャグテイストでまとめた青春物語です。

何と言っても最後のページの“異質さ”が凄い。亡くなってしまったのが惜しまれる作家さんです。

納得:★

意外性:★★★

演出:★★★★

 

 

 

15位 ワイルド・マウンテン 全7巻

ワイルドマウンテン(1) (IKKI COMIX)

ワイルドマウンテン(1) (IKKI COMIX)

 

中野区内に、ひときわ高くそびえる大きな山。そこに「ワイルドマウンテン町」は存在する。ここの町長・菅彦は、最近まで地球防衛軍隊長を務めていて、この日は当時の部下・小柳くんが退職金を持ってきてくれた。目の前に積まれた札束はなんと2000万円。その金額に、菅彦は改めて失ったポストの大きさを再認識する。

f:id:jojocomic2325:20200810183926j:image
街の復興を目指すヘンテコ住人たちが繰り広げる、おちゃらけコメディ

ギャグ全開の作品ですが、特に可愛いヒロインが登場する訳でも何でもないので、シュールな流れに付き合いきれないと完走が難しい作品に思えます。後半少しバトル要素があり、「先の展開見越してどっちか死なないと…」など、メタ的発言が面白かった。

最終回はかなり凄い。クソどうでもいい日常が強烈な伏線へ変化し、作風がガラリと変わります。

納得:★★★★

意外性:★★★★

演出:★★★

 

 

 

14位  ゲレクシス 全2巻

ゲレクシス(1) (イブニングKC)

ゲレクシス(1) (イブニングKC)

  • 作者:古谷 実
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: コミック
 

バウムクーヘン職人・大西たつみは四十路にして初恋に落ちる。だが、その恋の行方は、文字通り迷宮入りに。次々に大西に降りかかる説明不可能な不自然現象。翻弄に次ぐ翻弄で、もはや大西は人とは呼べない存在に。この迷宮から無事に帰還し、再びバウムを焼ける日は戻ってくるのか。

f:id:jojocomic2325:20200810184713j:image
超“不自然”現象に巻き込まれるオジサンの、シュール・ミステリー

こういう訳の分からない、先の展開の予測が一切効かない作品かなり好きです。ひとつだけネタバレをしてしまうと、ある瞬間を境に、主人公が現実世界に“帰れなく”なります。最後まで特に伏線とかないのですが、非常に楽しく読めました。

最終回は納得できる人がかなり少ないと予想できます。個人的には勢いを一切殺さない終わり方していて、大好きです。

納得:★

意外性:★★★★

演出:★★★

 

 

 

13位 愛しのアイリーン 全6巻(新装2巻)

愛しのアイリーン[新装版] 上

愛しのアイリーン[新装版] 上

 

吹き溜まりのような寒村に突如現れた、外国人妻・アイリーン。 彼女と、彼女をとりまく人々の欲望の姿は、荒々しくも、愛おしい――。 戦後日本社会の断絶点とも言われる1995年に連載開始。 『宮本から君へ』『ザ・ワールドイズ・マイン』と並ぶ新井英樹の代表作とされる傑作マンガ、ついに復刻。

f:id:jojocomic2325:20200810184937j:image
お金でやってきたフィリピン人の嫁vs.不甲斐ない夫vs.性悪姑の、三つ巴バトル

総合の方で一位にした新井英樹さんですが、アイリーンも好きです。主人公の原動が性欲に寄り過ぎている場面が多々あり、ファンの私も流石に嫌気がさしましたし、他のキャラクターもなかなか“気持ち悪い”人が揃っています。しかし、「人間の底の底」、「最底辺の物語」を見せてくれるのは著者だけですので、何とかついていきました。

最終回は、著者のあとがきにもある通り、本当に好き勝手にやっています。というか、物語後半から別ジャンルに変わってます。そこに賛否あるようですが、私はめちゃくちゃ面白いと思いました。

納得:★★

意外性:★★★

演出:★★★

 

 

 

12位 間くんは選べない 全3巻

間くんは選べない : 1 (アクションコミックス)
 

26歳の童貞サラリーマン・間くんに、なぜか同時に2人、彼女ができた!1人は取引先の美女・里見さん、もう1人は電車の中で助けた女子高生・鏡香ちゃん。

二股をかけることは悪いと思いつつ、「すぐどちらかにフラれるはず」とたかをくくっていると、どうやら2人とも自分が大好きな様子。悩める間くんの初めての恋はいったいどうなる!?甘くてとびきりスリリングなラブストーリー、第1幕!!

f:id:jojocomic2325:20200810185816j:image
恋愛経験ゼロで二股をかけてしまったサラリーマンの、スリリング・ラブストーリー

1巻から早いペースでどんどん話が進み、限界まで主人公が追い詰められていきます。板倉梓さんの女性キャラは可愛く、「どちらも裏切れない」と思わせる描写を重ねていく反面で、事態が最速で悪化していくのが楽しい作品です。

ラスト僕は大好きなのですが、演出ありきで好みが強く出る気もするので、鑑みて順位は下げています。

納得:★★★

意外性:★★

演出:★★★★★

 

 

 

11位 ヴォイニッチホテル 全3巻

太平洋南西に浮かぶ小国・ブレフスキュ島、その小さな島のホテルが舞台。陽光降り注ぐのんびりした南国ムードの中、一癖も二癖もある宿泊客達の悲喜交々ドラマ。

f:id:jojocomic2325:20200810190709j:image
とある島のホテルに集まった、個性的過ぎる諸事情を抱えた宿泊客達の、サスペンス・コメディ

殺し屋その1、殺し屋その2、普通の旅行客、麻薬栽培組、地元の少年探偵団…。どうやっても収集がつかないような客人と、加えて癖の強い従業員(メイド)達。コメディ調で一話完結型を装いながらも、最後に全てが繋がる。道満晴明さんのキャラクターの変態性と構成の巧さが遺憾なく発揮されている作品です。

最終回は、今まで焦らされてきた◯◯の素性が明かされ、全てに決着がつきます。最高でした。

納得:★★★★

意外性:★★★

演出:★★★★

 

 

 

10位 ロッタレイン 全3巻

ロッタレイン(1) (ビッグコミックス)

ロッタレイン(1) (ビッグコミックス)

 

仕事・恋人・母親…全てを失った一(はじめ)の前に現れたのは、14年前 自分と母を捨てた父と、初めて会った血のつながらない義妹・初穂。

初穂の母と弟とともに長岡で一緒に暮らすことになるが、家族を乱されることを恐れる初穂は一(はじめ)に敵意を剥き出しに。複雑な関係ながら〈家族〉になろうと歩み寄る一(はじめ)だが、少女と女性の間を行き来する美しい初穂に心奪われ……衝動と愛情が交錯する、ひと夏の儚い恋の物語。

f:id:jojocomic2325:20200810191302j:image
「家族」と「恋人」の間で揺れ動く、30才男と14才少女の、禁忌のラブストーリー

松本剛さんは人物を描くのが上手く、中学生のヒロインが“しっかりした子供”の範疇を出ないように描かれているため、例え気持ちは通じ合っていても、脳からストップをかけられる状態に陥りました。年齢という問題ひとつで、全ての行動に周囲の目のリスクが付き纏う緊張感。希望がない、雨が続くような停滞感。読後に感情の行き場を失う作品です。

最終回は演出面が強い気がします。作品の雰囲気を維持したまま綺麗にまとめていて素晴らしいと思いました。

納得:★★

意外性:★★★

演出:★★★★

 

 

 

9位 フリージア 全12巻

舞台は戦時中の近代日本。不況にも関わらず、主人公の叶ヒロシは、ハローワークからの推薦で仕事の面接に行くことに。 その勤務先とは「カツミ執行代理人事務所」、業務内容は「代理執行」…通称「敵討ち」。この世界では、重大犯罪において、犯人への法による刑罰とは別に、被害者に敵討ちの権利を認める「敵討ち法」が成立していた。

f:id:jojocomic2325:20200810211313j:image
法的な手続きを経て復讐(殺人)のお手伝いをする特殊な職業の、社会人アクション

松本次郎さん結構いろいろと描かれてる作家さんですが、私が一番ハマったのがこの代表作のフリージアです。主人公ヒロシを中心に取り巻く“欠けた人間たち”が、個々の目的をもとにバトル的な展開へ持ち込んでいきます。やや重い作風なのに節々なユーモアが挿し込まれていて、なんとも不思議な読み味を形成しているのも特徴的です。

最終回は、演出面で見たらこの作品は1位です。人物の性格が一番強く現れていて、かなり興奮しました。

納得:★★★

意外性:★★★

演出:★★★★★

 

 

 

8位 ハイスコアガール 全10巻

『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。

f:id:jojocomic2325:20200810211828j:image
幼少期からライバルだったゲーマー二人が、お互いの気持ちに決着をつける、対戦型ラブコメディ

序盤はゲームを軸にしたコメディですが、ふとした瞬間から恋が始まり、じわじわと読者の期待を煽っていく作品です。著者は恋愛とゲームを絡めるのが上手く、展開の山場に必ず対戦を持ってくるので、ゲーム場面ではかなり熱が入る。ゲーマーだけの心地良い青春ストーリーです。

最終回はかなり期待の募った状態で読みましたが、それを優に上回るほど良かった。とにかく良かった(語彙喪失)。

納得:★★★★

意外性:★★

演出:★★★★★

 

 

 

7位 オゲハ 全3巻

オゲハ1 (it COMICS)

オゲハ1 (it COMICS)

 

「アゲハ蝶の汚いヤツだからお前の名前はオゲハな?」無表情の中学生男子・キジは、近所の公園で見つけた謎の生物・オゲハを"飼う"ことにする。しかしそれがラヴテイルの始まりだとは、その時知る由もなかった…。

f:id:jojocomic2325:20200810212254j:image
公園で拾った“虫”と生活を共にする中学生の冷淡なラブストーリー

有りがちなボーイ・ミーツ・クリーチャーかと思いきや、人間の主人公の方にかなり癖があります。見るからに異質な「デカ過ぎる虫」を素手で触って持ち帰るし、普通に1人で飼い始めるし、表紙のオゲハの方がまだ人間らしい思考と感情を持ち合わせてるように思えるほどでした。初連載とは思えない高い画力で、異質な二人の苦難を粛々と描いていきます。

最終回はあっさり終わっていますが、単行本収録の「そのあと」がとても良かった。読み始めは想像できませんでしたが、私がキャラクターをめちゃくちゃ好きになってしまい、死ぬまで忘れない作品となりました。

納得:★★★★

意外性:★★★

演出:★★★★

 

 

 

6位 ようことよしなに 全3巻

ようことよしなに(1) (ビッグコミックス)

ようことよしなに(1) (ビッグコミックス)

 

「あの頃、私とようこちゃんと、あの小さな町で過ごした青春。」

富山県立山町ガラケー最盛期の頃のお話。

女子高生・マキの親友は、おふざけ音楽デュオの相方・ようこちゃん。すぐ怒るし殴るし失礼だし、寂しがりで、わがままで、正直むかつくことばっか!だけど、やっぱり憎めない。そんな友達がいる、いた、欲しい、あなたへ送る、ど田舎JK2人組、「ムカ友(ムカつく友達」青春アンサンブル!!

f:id:jojocomic2325:20200810212811j:image
漠然とアイドル歌手を夢見る2人の女子高生の、田舎コメディ

かなり好物な作品でした。展開にワクワクするタイプの作品ではないのですが、節々の作画のパンチ力が強く、終始、手を止めさせられて場面に釘付けになりました。『地方で曲を作って売れて上京する』という先がない2人ですが、当たり前すぎる学生生活をアホらしくも、楽しく生きています。

最終回は二人の成長が分かる場面で、「もうこれ以上は描けない」終わり方となっていました。めちゃくちゃ肩入れして読んでいたので、喪失感が凄かった。

納得:★★★★

意外性:★★★

演出:★★★★★

 

 

 

5位 刻刻 全8巻

刻刻(1) (モーニングコミックス)

刻刻(1) (モーニングコミックス)

 

佑河樹里(ゆかわ・じゅり)は失業中の28歳。家では父・貴文(たかふみ)と兄・翼(つばさ)、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真(まこと)が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”。

f:id:jojocomic2325:20200810213805j:image
“止界”という特殊な世界で、とある教団と対峙する一般家庭のサスペンス・アクション

1巻は設定を披露しているだけなので、3~4巻くらいまで読み進めないと良さが分かりづらい作品です。登場人物が読者視点で世界観を分析していき、根拠のない推察で身を守ろうと、個々に模索していく様子が楽しかった。人間の「咄嗟の反応」こだわってる作家さんで、その辺の描写の細かさも魅力のひとつです。

特に最終回に力を入れてる印象はありませんでしたが、波乱続きの展開に相応しい、余韻に浸れる終わり方でした。

納得:★★★★★

意外性:★

演出:★★★★

 

 

 

4位 培養肉くん 全2巻

培養肉くん 1 (ビームコミックス)

培養肉くん 1 (ビームコミックス)

 

無類の夏次系ワールドが横溢する、すこしSFなスペース冒険譚! 木下くんと九森さんは、この惑星にふたりぼっち…? 天下に無類の鬼才・宮崎夏次系が贈る、すこしSF(エスエ・フ)なスペース冒険譚!

f:id:jojocomic2325:20200814024554j:image
宇宙の彼方で繰り広げられる、一匹(?)のお肉と木下くんの、トンデモ宇宙旅行

宮崎夏次系さん好きです。『漫画的な場面転換』の技術が特に高く、読者が手を止めるシーンを、任意のタイミングで自在に生み出すことができる、唯一の作家さんです。1巻では旅に出ませんし、コメディにしては掴みが無さ過ぎるので紹介が難しい作品ですが、2巻から「キャラクターの可愛さ」だけでは済まされない、未知なる価値観を前面に押し出して来ます。

最終回は、だいぶ作者に弄ばれました。

納得:★★

意外性:★★★★

演出:★★★★★

 

 

 

3位 ぼくらの 全11巻

ぼくらの(1) (IKKI COMIX)

ぼくらの(1) (IKKI COMIX)

 

夏休みに、自然学校にやって来た15人の少年少女たち。 

彼らは「ココペリ」と名乗る謎の男に誘われ、巨大ロボット「ジアース」のパイロットとなり地球を守ることになる。 しかし、彼らは知らなかった。そのあまりに過酷な“代償"を――。 

f:id:jojocomic2325:20200814025330j:image
“死して遺るもの”のために戦う、あどけない少年少女たちの、バトル・アクション

鬼頭莫宏さん好きです。「乗ると死ぬ。負けると世界も死ぬ」という過酷なロボットバトル。まだ幼い小学生たちが、自らの短い半生を振り返り、その世界に価値を見出して、果敢に立ち向かっていきます。緻密な感情表現をもとに、それぞれの一戦で濃厚なドラマを描いている作品です。

最終回は本当に素晴らしい。「ジアース」は、“彼ら”がつけたロボットの呼び名です。

納得:★★★★★

意外性:★★

演出:★★★★★

 

 

 

2位 お茶にごす。 全11巻

「平和な心と生活を手に入れたい」と願い、茶道部に入部した最強の不良・デビルまークン! 彼は暴力の連鎖から逃れ、優しさの道を極めることが出来るのか…?

f:id:jojocomic2325:20200814025858j:image
暴力の連鎖を断ち切るべく、不良が茶道を始める、恋愛コメディ

これぞ「ラストが好きな作品」です。序盤は結構内容が堂々巡りだったり、テンポが悪いなあとか思ったりしてしまいましたが、ラスト3冊(9~11巻)がめちゃくちゃに良かった。悪人ヅラという設定も、根深い過去があったり、自然と周囲の人間が内面で判断していく展開がたまらなく好きです。

最終回は、終盤から徐々に私がひとりでヒートアップしてたのもあって、読後に5分間くらい泣いてました。

納得:★★★

意外性:★★★

演出:★★★★★

 

 

 

1位 エリア51 全15巻

エリア51 1巻 (バンチコミックス)

エリア51 1巻 (バンチコミックス)

 

ドラゴン、ゴブリン、イエティ、ネッシーガネーシャ、宇宙人……そんな世界中の「人ならざる者」をかき集め隔離した場所がある。そこはアメリ51番目の州、「エリア51」と呼ばれている。表にいられなくなったワケありの人間、真鯉徳子、通称マッコイは、河童のキシローを助手としてリトルトーキョーの放棄された地下鉄駅にて探偵業を営んでいる。彼女はどうやら何者かを探しているようだが……!?

f:id:jojocomic2325:20200814031034j:image
人外が棲む怪物だらけの街で探偵を営む、人間と“意思を持った銃”の、アクション・ドラマ

総合ランキングでは17位に置いた本作ですが、最終回で評価した際には堂々の1位を飾ります。ドラゴンや付喪神など、何処かの漫画で使われている空想上の生物を使い、その特性ならではの事件と解決法を描いていきます。ただ、個々のキャラクターに事情やドラマと魅力があり、生物図鑑としては終わりません。敵と味方の勢力もハッキリしていて、完成度の高いバトル漫画となっています。

最終回について。まず、作者さんは「全て行き当たりバッタリで描いた」と公言されていますが、とても信じられなかった。「最終話の、最後のページの、最後のセリフ」を、あの人物に言わせて締める。これ以上ないであろう、完璧過ぎる、胸が熱くなる終わり方でした。

納得:★★★★

意外性:★★★

演出:★★★★★

 

 

 

 

反省

評価基準に「納得」を入れたのが少し失敗でした。“誰もが納得できる最終回”は存在しないと思います。というか、評価基準3つはそもそも邪魔だったかな。

あと「ロッタレイン」はまとめるのが難しく、そこそこ妥協していまいました。どなたか、もっと上手く書いて欲しいです。

 

ありがとうございました。

 

 

かかった日数

7月30日(木)〜8月14日(金)  16日間

唐突に書き始めましたが、20だと完成まで疲れるので、ベスト15にするべきだったかもしれない。

 

 

コミックス派の自分がどの漫画雑誌にハマっているのかを調べる

 

 

こんにちは。

私は雑誌を買わないコミックス派の漫画好きですが、

いま新刊を追ってる作品を集計した場合、どの雑誌にハマっていることになるのか、調べてみようと思います。

 

 

集計対象

・今この瞬間(8月3日)をもって、最新刊まで全て買って読んでいる

・未完結である。休載中も含める

・連載終了していても最終巻が出ていなければ、カウントする(僕の中でまだ鬼滅は完結してない)

1巻しか出てないものは入れない

 

 

という感じにします。

えー…これはめちゃくちゃ少ないと思います。

いや、連載中の作品を疎んでる訳ではないのですが…毎月何かしら完結してる気がするのは僕だけですか?

漫画はちゃんとアンテナ張ってないと、どんどん置いてかれる世界に思えます。そこが最大の魅力でもあるわけですが。

 

 

-調査方法-

 

①「ベルアラート」というアプリで登録してある連載中の作品を数える

②「ツイッター」で最近の購入歴を見て、漏れがないか確認する

③作品の掲載誌を調べる

 

 

f:id:jojocomic2325:20200803215300j:image

 

f:id:jojocomic2325:20200804125025j:image

 

 

わー、簡単。

ベルアラートは新刊の通知とか、今月の漫画代とか自動で出してくれるので、よく利用しています。

僕の予想だと4作くらいで「一番読んでる雑誌」になると思います。たぶん。買ってる数が少ないから。

 

 

 

-数えてみた-

 

早速ですが、

現在追っている漫画の、総作品数は78作でした。

 

まあうん。予想よりは多かったです。

僕が78作ということは、ツイッターのあの方やあの方は同じ条件で絞ったとして200や300は行きそうですね。凄いなあ。それを紙で集めてる方もいらっしゃる可能性もありますね?うわうわ。本棚の整理が大変だ…。

 

一巻しか買えてなくて見送ったのは

f:id:jojocomic2325:20200804180513j:image

 

以上の11作品。入れても良いのか。いやまあ、ここを線引きとします。

 

 

では、まずは1番買ってる出版社から

 

 

(テッテレー)

 

 

 

 

 

 

1位 講談社 26作品

 

2位 小学館 12作品

 

3位 集英社 9作品

 

4位 KADOKAWA 8作品

 

5位 秋田書店 6作品

 

 

ダントツで講談社でした。

出版社の御三家が上位を占めてはいますが、やっぱり集英社少ないですね。知ってましたが。

ここで言うことではありませんが、僕「ジャンプコンプレックス」が強くて、「ジャンプが1位」みたいな風潮に対して、たまにとてつもなく嫌気がさす時があります。多数派に回れなかった人間の末路ですね。

 

いや、面白いのかもしれないけど、絶対に1位ではないと思う。雑誌の雰囲気が自分に合わない。漫画はもっともっと…危ない。炎上する。

 

 

では、本題の「一番コミックスを買ってる雑誌」ですが………

 

 

 

こういう結果になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位 月刊アフタヌーン 11作品

 

2位(同率) 週刊少年チャンピオン 5作

 

2位(同率) ハルタ 5作

 

4位(同率) 週刊少年ジャンプ 4作

 

4位(同率) ヤングマガジン 4作

 

 

 

…ハイ。

僕がいま一番買いやすい雑誌は「月刊アフタヌーン」でした。他誌と比べて、圧倒的に漫画の文明レベルが違う気はしてましたが、思ったより買ってました。

週刊少年チャンピオン」は少年誌の中では一番好きです。なんとなく。

 

いや「週刊少年ジャンプ」入っとるがな。

と、思われた方。まあ雑誌としては嫌いなのですが?無視できない?面白いやつが?たまに?あったり?です。…ハンタ帰って来てくれ。

 

とまあこんな感じに。

掲載誌は買う動機の1割くらいですね。それより表紙が4割だったり、冒頭数ぺージの内容が5割だったりします。

ありがとうございました。

 

 

 

 

-オマケ-

 

たった78作といえど、全てを掲載誌ごとに分類する作業は地獄でした。

ただまあ「似たのいっぱいある」という勉強になったので、全部載せておきます。

 

 

月刊アフタヌーン(講談社)

青野くんに触りたいから死にたい

おおきく振りぶって

スキップとローファー

天国大魔境

波よ聞いてくれ

はしっこアンサンブル

ヒストリエ

宝石の国

ブルーピリオド 

来世は他人がいい

ヴィンランド・サガ

 

月刊good!アフタヌーン(講談社)

亜人

 

週刊モーニング(講談社)

宇宙兄弟

CITY

 

月刊モーニング・ツー(講談社)

ゴールデンゴールド

レッド・ベルベット

↑パッと見て、一番面白そうな雑誌だと思いました。宮崎夏次系さんがいらっしゃった。

 

週刊少年マガジン(講談社)

不滅のあなたへ

 

別冊少年マガジン(講談社)

水は海に向かって流れる

↑これ意外過ぎて一番驚きました。コミック本のサイズからし青年漫画かと。

 

ヤングマガジン(講談社)

アンダーニンジャ

ギャルと恐竜

喧嘩稼業

私の少年

 

月刊デザート(講談社)

指先と恋々

 

コミックDAYS(無料ウェブ掲載?)(講談社)

アスペル・カノジョ

僕と妻の小規模な育児

忍者と極道

 

-ビックコミック地獄-

似たようなのがいっぱいあってマジでしんどかった。

 

ビックコミック(月2回)(小学館)

BLUE GIANT SUPREME

 

ビックコミック増刊号(年5回)(小学館)

モディリアーニにお願い

北極百貨店のコンシェルジュさん

 

ビックコミックオリジナル増刊号(隔月)(小学館)

君の大声を聞いたことがない

↑特定するのが一番大変でした。

 

週刊ビックコミックスピリッツ(小学館)

あさひなぐ

 

月刊!スピリッツ(小学館)

映像研には手を出すな!

 

ビックコミックスペリオール(月2回)(小学館)

血の轍

 

ビックコミックスペリオールダルパナ(ウェブ?)(小学館)

空腹なぼくら

 

月刊サンデーGX(小学館)

ゾン100

 

マンガワン(無料アプリ)(小学館)

血と灰の女王

 

月刊フラワーズ(小学館)

青の花 器の森

ミステリと言う勿れ

 

週刊少年ジャンプ(集英社)

鬼滅の刃

呪術廻戦

チェンソーマン

ハンターハンター

 

週刊少年ジャンプ+(無料アプリ)(集英社)

忘却バッテリー

 

月刊ジャンプスクエア(集英社)

ワールドトリガー

 

月刊ウルトラジャンプ(集英社)

ジョジョリオン

 

週刊ヤングジャンプ(集英社)

九龍ジェネリックロマンス

ゴールデンカムイ

 

月刊オフィスユー(集英社)

カフェでカフィを

 

月刊ハルタ(KADOKAWA)

A子さんの恋人

乙嫁語り

ダンジョン飯

ハクメイとミコチ

ふしぎの国のバード

 

月刊コミック電撃大王(KADOKAWA)

よつばと!

 

ComicWalker(ウェブ)(KADOKAWA)

怒りのロードショー

 

コミックNewtype(ウェブ)(KADOKAWA)

メタモルフォーゼの縁側

 

週刊少年チャンピオン(秋田書店)

SHY

ビースターズ

僕の心のヤバイやつ

もういっぽん!

弱虫ペダル

 

月刊チャンピオンRED(秋田書店)

不安の種✳︎

 

コミックトレイル(ウェブ)(芳文社)

スーパーベイビー

夜と海


週刊漫画TIMES(芳文社)

ねこだまり

 

月刊ビックガンガン(スクウェア・エニックス)

シオリエクスペリエンス


ガンガンオンライン(ウェブ)(スクウェア・エニックス)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

 

ヤングキング(月2回)(少年画報社)

ワンナイト・モーニング

 

月刊ヤングキングアワーズ(少年画報社)

プラネット・ウィズ

 

月刊アクション(双葉社)

つぐもも

僕らの色彩

 

月刊コミック@バンチ(新潮社)

死役所

 

ヤングアニマル(月2回)(白泉社)

3月のライオン

 

月刊コミックREX(一迅社)

ニジとクロ

 

WEBコミックガンマ(竹書房)

メイドインアビス

 

月刊コミック乱ツインズ(リイド社)

カムヤライド

 

週刊漫画ゴラク(日本文芸社)

ガンニバル

 

マンガボックス(DeNA)

あおのたつき

 

 

 

たぶん全部です。

徹夜でワーッとやったので間違いあると思います。しかし、改めて並べてみると暇人じゃなきゃここまでやらない量だな。

 

追ってる作品数が多いコミックス派の方はマジで難しい企画かもしれません。注意してください。