"漫画" "面白い""ランキング"

きまぐれマンガ道

漫画が好きです。twitter@usgY0424

【面白い漫画】「宝石の国」が好きすぎる話

 

1〜2巻のネタバレを少し含みます。

 

総合ランキングはこちら

 【厳選】超面白い!傑作漫画ランキング114選【マイナー向け】 - きまぐれマンガ道

 

宝石の国 とは

アフタヌーンにて連載中の青年漫画。既刊8巻。

2017年10月よりアニメがスタート。

TVアニメ『宝石の国』公式サイト

 

設定

・宝石達

全ての生物が滅んだとされる星で誕生した新生物。割れやすくも再生能力が高く、かつ寿命が知れない。個々に1〜10の硬度がある。総員28名。

f:id:jojocomic2325:20171013220545j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

・月人

宝石達を装飾品目的で捕獲しようと襲来する謎の生物。突如上空に出現し、切り刻むと霧散する。形、大きさは様々。夜には来ない。

f:id:jojocomic2325:20171013221458j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

 

あらすじ

宝石の国には①月人の討伐、②周辺の見回りや見張り、③その他の技術職、の3つの仕事があり、各々が1つか2つを担当する。

そんな中、何をやってもダメな落ちこぼれ、フォスフォフィライトは自分の星を研究し、「博物誌を編む」という特別任務を与えられる。

f:id:jojocomic2325:20171013223223j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

当初は「嫌だ」「地味そう」と毛嫌いするも、無意識に毒液を生み出し続ける宝石、シンシャに命を助けられた事をきっかけに、彼に相応しく、かつ楽しい仕事を見つけ、シンシャを孤独から救い出そうと決意する。

f:id:jojocomic2325:20171013224233j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

 

魅力①個性豊かなキャラクターf:id:jojocomic2325:20171013225521j:image

(引用元:宝石の国/2巻/市川春子/講談社)

それぞれ硬度、性格から、趣味や仲良い宝石まで、細かに設定されていて、楽しみだすとキリがないです。

また、巻を重ねるごとにキャラが増えていくのですが、1巻に脇役として既に登場している事が多く、読み返すたびに新発見があります。

 

魅力②スクリーントーン技術による美しい作画

イエローダイヤモンドというキャラクターを見てください。

f:id:jojocomic2325:20171013231015j:image(引用元:宝石の国/2巻/市川春子/講談社)

髪が美しく輝いていますね!

シンシャの毒もこの通り!

f:id:jojocomic2325:20171013231247j:image (引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

白黒なのにこの光沢。美しい。

この技法は作品においてすごく大きな武器となっています。

 

魅力③自然体のセリフ

力の抜けた日常会話などもですが

f:id:jojocomic2325:20171013232046j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

吹き出しを小さく分け、視線誘導を行っています。

また適度に間をとり、読者を会話に引き込ませます。

f:id:jojocomic2325:20171013232910j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

こちらは超自然体のくだけたセリフ。

f:id:jojocomic2325:20171013233227j:image(引用元:宝石の国/7巻/市川春子/講談社)

ダイヤモンドは可愛いですね!

f:id:jojocomic2325:20171013233429j:image(引用元:宝石の国/1巻/市川春子/講談社)

暴走はこの辺にしますが、細かい部分にも注目して読んでみると、魅力がたくさん出てきます。

 

最後に

ネタバレになるので書けませんが、ストーリーも謎が謎を呼ぶ展開になったり、バトルシーンも迫力や緊張感ありで、実際に読まないとわからない魅力が盛りだくさんです。

ぜひコミックの購入をお勧めします。

 

正直、まだまだ僕も気づいてないことだらけだと思うので、細かい所は勘弁して下さい。

読んでいただきありがとうございました。